2005年03月14日

伊賀焼【伝統工芸】

伊賀焼とは、三重県、阿山町や上野市で焼かれている焼物のこと。

●伊賀焼とは

その特徴は自然さ。
一見、ごつごつとした姿はその自然さ故。

土の風合いと、炎による変化が生み出す自然な「景色」。整った形に手を加えることによって生まれる、より自由でおおらかで生き生きとした形。
「破調の美」というのだそうです。
(伊賀焼振興協同組合より引用 http://www.igayaki.or.jp/about_igayaki/index.html)

伊賀焼きは何度も焼きを繰り返すからため、耐火性が非常に強いということも特徴です。

狸の置物で有名な信楽焼と同じ土を使っています。

●伊賀焼の歴史

伊賀焼の歴史は、奈良時代まで遡ります。
天平年間に農民が生活雑器として焼いたことが始まりとされます。

奈良時代から平安時代にかけて伊勢神宮に神酒に用いる瓶などの焼物を献上した、との記録もあるようです。

茶に造詣の深かった筒井定次、藤堂高虎によって隆盛。
「筒井伊賀」「藤堂伊賀」と呼び、二つをあわせて「古伊賀」と呼びます。
「古伊賀」は日本の陶芸史でも最高峰のひとつとされ、その多くの作品が重要文化財に指定されています。

伊賀焼関連リンク

伊賀焼伝統産業会館
http://www.city.iga.lg.jp/Contents/List.asp?CONTENTNO=1984

伊賀焼陶器まつり やきもの豆知識
http://www.tai-sho.com/yakimono/maturi/iga_maturi.html


楽天市場で伊賀焼を探す