2005年04月08日

尾形光琳【画家】

●尾形光琳

生没年:1658~1716(万治1~享保1)

弟は同じく元禄文化を代表する芸術家、尾形乾山。

尾形光琳は、斬新な意匠と豊かな装飾性あふれる独自の画風を築きあげた、元禄文化を代表する芸術家です。
はじめ狩野派を学ぶが、俵屋宗達に傾倒。
光琳派(略して琳派)と呼ばれる装飾性に富む、独自な作風を確立しました。

後には、弟の乾山の陶器の絵つけも行う。


尾形光琳の代表作

尾形光琳の代表作は、「燕子花図屏風」、「紅白梅図屏風」、「八橋蒔絵硯箱」、「風神・雷神図屏風」


⇒楽天市場 尾形光琳商品一覧