2005年05月11日

笠間焼【伝統工芸】

●笠間焼

江戸安永年間より始まる笠間焼の歴史。

箱田村(現、笠間市箱田)に住む久野半右衛門が始めたとされます。

厨房用の陶器の産地として栄えますが、終戦後プラスチック製品などの流入により、陶器の需要が減少。
笠間焼も一時衰退します。

その後、関係者の熱意によって再び全国区の人気を得ることに成功しました。

その頑固なまでに手作り本位な制作姿勢をとり続けるところも、全国のファンに愛される魅力のひとつなのかもしれません。

笠間焼は平成4年には、伝統的工芸品(伝産法)の指定を受けています。


【関連リンク】
⇒笠間焼協同組合

⇒楽天市場 笠間焼 商品一覧