2005年05月19日

長命寺桜餅【東京土産】

●長命寺桜餅とは

最初に作られた桜餅が、この長命寺桜餅といわれています。


長命寺桜餅の始まりは享保二年(1717年)。
長命寺で門番をしていた山本新六という人物が、朝となく晩となく降り積もる桜の葉の掃除に日夜悩まされていました。

そんなとき、この桜の葉を何かに使えないだろうか。

そう思いついて、餡を小麦粉の皮で包み、桜の葉の塩漬けを巻いたお菓子を作ってみたところ大ヒット商品になったということです。

ちなみに、桜餅の葉、ほとんどが伊豆で生産されているということです。
最も有名な産地は西伊豆の松崎町。
全国の生産量の7割以上を生産しています。


⇒楽天市場で長命寺桜餅を探す