2005年05月23日

博多人形【伝統工芸】

●博多人形とは

博多人形とは型取りした土人形を素焼きし彩色したもののこと。

1601年(慶長6年)黒田長政が福岡築城の時、多くの職人が集められました。
その中の瓦師の正木宗七。この男が瓦土を使って、素焼き人形を作ったのが博多人形の始まりといわれています。
当初は彩色はされていませんでした。

元々、「博多素焼人形」という名で呼ばれていましたが、明治23年東京で行われた第三回内国勧業博覧会から「博多人形」という名称に確定しました。


1900年(明治33年)フランス万国博、そして1904年(明治37年)世界大博覧会にて金牌を受章。
博多人形は1976年(昭和51年)には「伝統的工芸品」に指定されています。


⇒楽天市場 博多人形 商品一覧