2005年08月09日

【伝統工芸】真田紐

●真田紐とは

真田紐とは、主に木綿で織られた紐で、縦糸と横糸で織るためとても丈夫です。

真田紐は、伸びることがなく非常に丈夫なのが特徴です。

ストライプ柄がファッション業界から注目されるなど、注目されています。
かばんなどにもよく使われているようです。

真田紐の由来は、戦国時代。
真田昌幸が刀の柄を巻くために使用したことからその名がついたといわれています。

真田紐は19世紀末にパリ万博にも出品されて、ヨーロッパ人から好評を博しました。

⇒楽天市場 真田紐 商品一覧